カテゴリ:生活の中で( 105 )

魔女のおまじない。

聞き捨てならない効能の手作り軟膏。

なんと、なんと、シミと皮膚の表面&真皮のシワを消し去ってくれるというの。

友人の庭にもある、大きく枝を広げたローズマリー。

この枝を数本いただいて、無水エタノールなるものに漬け込むこと2週間☆

e0116563_16201141.jpg



まるで色絵具の深緑色を混ぜ込んだような、エメラルド色が抽出されています。

本日、そのエキスを使ってやっと軟膏の製作に入りました☆

容器に流し込んで粗熱が取れて、固まったところで。。。

カメラに取り込む前に、、、使ってみたくて、使ってみたくてたまらない気持ちが。。

真っ新な軟膏の表面に。。。指跡を(^-^;

e0116563_1622377.jpg


でも、美しい緑色の軟膏が出来ました。

皮膚のトラブルにとても、強い味方になってくれるとか。。

冬の皮膚トラブル、もう怖くないかも☆
[PR]
by apercevoir | 2016-12-23 16:22 | 生活の中で | Trackback | Comments(4)

ハロウィンのかぼちゃ。


今朝、可愛いかぼちゃがyasukoちゃんから届きました☆

お知り合いからたくさん届いたおすそ分けです。

小さな、小さなかぼちゃです。

長くて面白い形のは長さ23cmほどで、一番大きい☆

かぼちゃのポタージュが大好き☆なので、みんなポタージュに♪

e0116563_15385999.jpg





その前に。。。オレンジ色のかぼちゃを。。。

どうしても、こうしたかったのです(♡^-^♡)

e0116563_15375413.jpg




そうそう、秋の便りと言えば。。先週のサロンの日にもyasukoちゃんから戴いた秋色☆

e0116563_15392760.jpg




秋色はみんな美味しい。

秋色はみんな大好き。





e0116563_14181173.jpg


あの かぼちゃのランタンが。。。

こんなに美しいマンダリンオレンジ色のポタージュに変身しました♪

本当はもっとオレンジが濃いんだけど。。ま、がまんがまん。。
[PR]
by apercevoir | 2016-10-23 16:00 | 生活の中で | Trackback | Comments(6)

夏のプレゼント

深くて、濃い、何色と言うべきか。。

紺色とも違う
   二藍かもしれない

わたしも以前に陶芸を楽しんでいたことがあります。

その頃には、無かったと思うのだけど

曜変天目の釉がかかっている。

外寸、20cmの松花堂弁当箱です。

たたら作りなので、多少のゆがみはあるものの

内側の鉄赤柚との対比も美しく、うれしいプレゼントでした☆

秋の風が吹くころに、お弁当を作りたい。


e0116563_13562499.jpg


e0116563_1357628.jpg

[PR]
by apercevoir | 2016-08-27 13:59 | 生活の中で | Trackback | Comments(4)

お雛飾りを旧の暦で。

先日、3月4日にせっせと飾ってみました。

リビングにも玄関にも~いろいろ、持っているお雛さまをあれこれ。。。

去年も、その前の年も、飾らなかったと思うの。

母が楽しんで作ったお雛さまがたくさんあって、本当にかわいらしい。

飾ったお雛様の半分は母が作ったものだと思うの。

売っているお雛さまのように立派ではないけれど、温もりが感じられるようで。。

ずーっと、見てても飽きることがありません。

e0116563_2262840.jpg


玄関に飾ったお雛さま、上手に写真が撮れなくて。。カメラの調子が悪いんです。

啓翁桜が満開になって、とても可愛らしいです。
[PR]
by apercevoir | 2016-03-06 22:09 | 生活の中で | Trackback | Comments(4)

お正月づくし。

まだ松の内だから、お正月飾りを。。

今まで、?10年も同じデザインのお正月飾りを作って飾ってきたので

とうとう土台部分が崩れてきて、作り直そうと思うながら実現しなかったので。。

近所のお花屋さんで適当にシルバー塗装した柳の枝と松の枝を買ってきて

こうやって、あり合わせの小物を付けて作ってみました。

作ってみると、とても新鮮な感じがして本人は気に入っております(♡^-^♡)

e0116563_17521359.jpg


かあくんと、お正月用の簡単な食材をデパートの地下で買っていると。。

目に入ったのが、この新春ケーキ。

フルーツ屋さんのケーキです♪

二人で戴くのにちょうどいい大きさで、、

とても、美味しくいただきました☆

e0116563_17523634.jpg


3年くらい前に手に入れた小さな、獅子舞飾りなんですが。。

小さな、張り子の獅子舞です。

何といっても、気に入ったのは白い足袋の足がにょっきり、見えているところ。

e0116563_17525517.jpg

[PR]
by apercevoir | 2016-01-07 17:53 | 生活の中で | Trackback | Comments(4)

うれしい届きもの。

陶芸を趣味で楽しんでいる息子にお願いしていたものが届きました。

以前に『何か作って欲しいものある?』と聞かれて

『そうね、出来たらボタンを作ってほしいなぁ』なんて会話をしてました(♡^-^♡)

以後に一度、何色がいい?と尋ねられて色々な色にして欲しいと言った。

今日、お台所で洗い物をしてて

ふと、そのボタンのことを思い出して、あれこれ、利用するもののことが頭の中ではじけていた。

それから数十分経ったころ、この沢山のボタンが大切に包装されて届きました


e0116563_155430.jpg


しあわせ色に光ってました☆

何にしようかなぁ~でも、こういうものは。。。

手元に届いた時点で、すっかり安心して、時々出して眺めて喜んで

                            結局、形にならない場合が多いわたしなんです。
[PR]
by apercevoir | 2015-07-12 15:16 | 生活の中で | Trackback | Comments(2)

再生のお雛さま。

大切に、大切に、、、

わたしが小さな時から見守ってくれた掛け軸のお雛さま。

お雛さまの季節には飾って楽しませてもらった、お雛さまの掛け軸。

経年の汚れや傷、かわいそうなことになっていました。


どこか、お任せできる表具屋さんはないかしらと思ってはいたものの、なかなか見つけられなくて。。

そんな時に、このブログのお友だちでもあるコップちゃんに

何かの会話の時にご相談してみたら、すぐに適切な答えをくださって

高槻の表具屋さんを紹介してくださって、このお雛様たちのために架け橋になって。。

洗いをかけ、表装を可愛く掛けなおし、、、

こうやって、美しく蘇った掛け軸をまたわたしの手元に届けてくださったのです。

コップちゃん、本当にありがとうございました☆

大好きな、掛け軸のお雛さま。。



これからまた何年も。。お雛さまの季節には、わたしと一緒に桃の花を楽しみましょうね。




e0116563_17341138.jpg


e0116563_17352838.jpg

[PR]
by apercevoir | 2015-02-09 17:50 | 生活の中で | Trackback | Comments(6)

鬼さんの日。

もうねえ、豆まきはしないことにしたの。

もぐもぐと恵方を向いて食べる恵方巻きも半分(♡^-^♡)

お豆さんも年の数の半分だけ(>_<;)

それでも、お気に入りの鬼さんの掛け軸をかけて、その日を待つの。

e0116563_14344096.jpg


今年はそれに加えて、忘れていたお面をだしたの。

もう、何十年も昔に作ってもらった張子の鬼さんのお面。

e0116563_1435846.jpg


あごから角の先まで40㎝の大きなお面。

『廿日市張子』

元禄2年以来作り続けられた伝統的名人芸を継承されている、5代目大島さんの作品。

現在は7代目が一生懸命作り続けていらっしゃるみたい。

角のところの顔料の塗りが剥げているのが気になる~修繕してもらえるかなぁ。。
[PR]
by apercevoir | 2015-01-16 14:39 | 生活の中で | Trackback | Comments(6)

HahaHaha・・・の日

e0116563_2121273.jpg



だいぶ過ぎたけどという書き出しの手紙と一緒に届いたのが。。。

三つの・・・お猪口かな?

陶芸を始めて二ヶ月という息子からのプレゼント。

まるでわたしが、飲兵衛みたいですが。。まったくの下戸なので、、、

ちょっとした、豆鉢がわりに使わせてもらおうかな♪

夏には陶のアクセサリーを作って持って帰るって~

イヤリングかな、ペンダントかなぁ~ブローチかな。。。

ボタンもいいなぁ~でも、ボタンだとアクセサリーじゃあないかな。

こうやって夏が近づいてくることを感じている時間が一番好きだ。


e0116563_21193956.jpg

[PR]
by apercevoir | 2014-07-02 21:23 | 生活の中で | Trackback | Comments(7)

また今年も、暑い夏。

毎年、本当に代わり映えのしない千羽鶴が今年も折りあがりました。

8月6日の朝ではなくて

明日の早朝にこれを持ってお参りしてきます。


e0116563_185844.jpg



代わり映えしないと申しましたら。。。申し訳ないことになってしまいます。

だって、いつもは『千羽鶴用の折り紙』という折り紙で折ったものですが・・

今年のこれは、全てが和紙で折ってあります。

こちらにもお顔を見せてくださるお友達から旅のお土産などで、何度か頂いたものなんです。

確かにいつもの折り紙よりも優しく、麗しい色が輝いています。

朝の平和公園でも、きっと、しっとりとマッチしてくれることでしょう。
[PR]
by apercevoir | 2013-08-04 18:16 | 生活の中で | Trackback | Comments(6)