花のまわりみち。

広島にも造幣局があるんですよ~♪

大阪の造幣局の桜の通り抜けが有名ですけど。。。広島でも1週間の期間、お花見が出来るのです(^-^)

昨日~友人ご夫妻に誘われて行って来ました。

うす曇りで夕方遅くから雨になった昨日です。

桜はやっぱり青空をバックにお花見したいなぁ~~~残念!

何度も彼女と一緒に出かけているけど初めて聞いたの、彼女、、、雨オンナなんだって(^^;)

でも~昨日は出かけている間はなんとか雨には合わなかった。

ふるーるが晴れオンナで頑張ったのかな?

大阪の造幣局の半分くらいの規模だと思うんだけどそれでも十分に美しくて、溜息のつきどおし。

もう置き所がないけど、もし置けるなら次は「松月」という桜がいいなぁ~すっごく綺麗だったぁ☆

ええ、いつものように携帯カメラで撮ったのに。。。

なんだか上手く開けないの。。。どうしちゃったんだろう。。。

また開けるようになったら~写真、載せま~~す。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

《追記》

やっと写真を開くことが出来ましたぁ~

同じような写真ばかりみたいだけど、、、

せっかくですから~みんな載っけてみました(^O^)

e0116563_201998.jpg
e0116563_20193178.jpg
e0116563_20194551.jpg
e0116563_2020359.jpg

e0116563_20202628.jpg


今年の桜に選ばれた楊貴妃という桜です☆

e0116563_20204967.jpg

e0116563_20321144.jpg


ふるーるが一番好きになった桜、松月です(^-^)

e0116563_20213833.jpg

e0116563_20215631.jpg

e0116563_20223563.jpg


e0116563_20395413.jpg

[PR]
by apercevoir | 2009-04-17 20:22 | 楽しいとき | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://apercevoir.exblog.jp/tb/10068767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yasukon20 at 2009-04-17 21:57
こんばんは!
私も一度行って見たいと思って 何年経つでしょう~(笑)
やはり凄い人ですか?
写真 どうしたのでしょう・
楽しみにお待ちします~♪
Commented by 気まぐれ天使 at 2009-04-17 23:15 x
東京にも造幣局ありますけど
  桜はありませんね。。

  だってお札印刷してるところだから
           見学以外ははいれましぇん。。
  造幣局
      うちの近くにあります。。


  ちなみに・・・
    わたし・・・晴れ男   みたい・・
Commented by apercevoir at 2009-04-18 20:56
★yasukoさん♪

yasukoさんはまだ行ってらっしゃらないのですね~
ふるーるが行った日は一般公開の初日だったんだけど
なにしろ、お天気がもう一つ(二つ?)だったので人出ももう一つだったの。
前にとってもいいお天気の日に行ったことがあったけど、その日は凄い人でしたよ(^ー^)ノ

やっと写真がアップできましたぁ~~~♪
こうやって見ると、、、似たような写真ばっかりだなぁ、、、

Commented by apercevoir at 2009-04-18 20:59
★天使さん♪

そうですよね~東京の造幣局は同じ造幣局でもお札なんだもんね~~

ムリもありませぇ~~~ん(^^;)

あ、造幣局~~近くなんだ。

あれって山手線の大塚駅の近くだったと記憶してるんだけど、そうだった?
Commented by 気まぐれ天使 at 2009-04-18 23:33 x
上中里ですよ。。
Commented by ito at 2009-04-18 23:51 x
こんばんは。 造幣局にも行って来られましたね、
種類も多く綺麗な八重桜ですね。
お近くで見られて良いですね。
楽しませて頂きました。
Commented by apercevoir at 2009-04-19 15:53
★天使さん♪

上中里?

ふぇ~ん・・・こうなるとよく判らなくなりますぅ・・・

Commented by apercevoir at 2009-04-19 15:56
★itoさん♪

あらぁ~itoさんに見ていただいて~恐縮です!
桜も恥ずかしがってピンクに頬を染めています(^-^)

そちらは造幣局の解放なんかなくっても桜の名所がたくさんですよね☆
<< 白のシリーズ。 鬱金桜さん・変化。 >>